15.6 C
New York
日曜日, 5月 19, 2024

Buy now

FJP は、各サイトの従業員のための座席を100%確保

日本国内企業のオフィス勤務復帰のトレンドにより、日本の生活リズムが3年前のように少しずつ戻りつつあります。FJPは、全国の従業員が「オフィスでの勤務」ことを容易にする準備をしました。
2022年半ば以降、FJPは継続的にオフィスを拡大し、座席数の最適化を行いながら、人的資源の増加の需要に応えてきました。

今年の3月末に、ランドマークの新しいオフィスの使用が開始され、デリバリーのスタッフに150席が提供されました。その前に、2022年9月に、FJPは大門オフィスの元々の5階、6階、10階に加えて、新たに9階にハイブリッドオフィスを設置しました。

SSCの統計によると、2022年半ば以降、会社の大幅な人数の増加により、座席の需要が増加しています。従業員が快適で便利なワークスペースを確保するために、新しいオフィスの拡張は不可欠な活動となっています。

現在、FJPは各部門の実際の座席ニーズを満たすだけでなく、既存の座席数が計画を超えた場合の「将来のニーズ」にも備えることができます。

会社の経営陣は、多くのユーティリティを備えた広々としたオフィスで、従業員がプロダクティブ的かつ快適に働けるだけでなく、同僚と直接につながるスペースを確保することを望んでいます。

日本ではオフィスへの復帰のトレンドが強く進んでおり、経済活動が正常化する傾向を示しています。日経新聞によると、4月の東京オフィスの出席率は80%近くになったということです。日立、三菱、電工、日本マイクロソフトなど一連の大企業が、新型コロナ禍を背景に直接勤務方式に復帰しています。
5月5日には、世界保健機関(WHO)は、COVID-19が「公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」の宣言から削除されたと発表しました。

COVID-19は現在、インフルエンザのような病気と見なされており、もはや社会的混乱を引き起こす脅威ではなくなりました。日本は4月28日から入国時の3回ワクチン接種の予防接種チェックを解除しました。

FJPでも、5月にオフィスでの勤務モードを100%に復活するのを検討しています。

Related Articles

Mới nhất