26.6 C
New York
火曜日, 7月 16, 2024

Buy now

FJPが 13K5プログラムをキックオ フ

FSOFTのChu Thi Thanh Ha会長は、「13K5 JSE」プログラムの成功は、日本語を流暢に話す優秀なITエンジニアをFJPに補充することに大きな意味があると確信しています。これにより、FJPの現地顧客に対する地位と能力を高めることができます。

4月10日の午後、FJPはCTCと協力し、ベトナムと日本で13K5 JSEプログラムをキックオフしました。13K5 JSEとは、FSOFTが2027年までに13,500人の日本語を話すITエンジニアを確保することを意味します。当面の目標は、2024年までに日本で働く従業員の100%がN5以上の日本語資格を持つようにすることです。

FSOFTのChu Thi Thanh Ha会長は、「現在の状況では、FSOFTは優れた専門知識を持ち、ネイティブのように日本語を話すITプロフェッショナルを必要としています。10K BrSEプログラムの後、多くの有能なリーダーが現れたので、13K5プログラムがすぐに実現することを望んでいます。

日本市場に対する質の高い人材の提供に応えることで、このプログラムはFSOFTにとって重要なものであり、大きな機会や深い専門的なプロジェクトを獲得するだけでなく、FSOFTが将来的に顧客の問題を解決するための準備になるとHa会長は述べています。

2023年1月までの統計によると、FSOFT全体で日本市場向けに働いている人数は9,939人で、その中にはオフショアでN5からN1までのJSE(日本語を話すエンジニア)が2,763人います。日本市場と仕事をしている部門におけるJSEの割合は32%です。この数字は2024年には100%になる予定です。

この目標を達成するために、FJPとCTCはTech Training、Mass JP Training、Special JP Trainingの3つの分野で広範なトレーニングを展開していきます。また、Fly up、Brush up、Relocationなどのトレーニングプログラムとともに、プロジェクトチームは2023年にGlobal SEプログラムを追加します。
今年、このプロジェクトは、N5レベルを達成する1,345人の技術者、N4レベルを達成する440人の技術者、N3レベルを達成する265人の技術者、N2レベルを達成する245人の技術者を新たに育成します。プロジェクト責任者のPham Duc Manh氏は、「13K5は、日本市場向けのデリバリースタッフが、顧客と直接コミュニケーションを取り、仕事をすることを目的としています。コミュニケーターは、日本語でプロジェクトマネージャー(PM)とビジネスアナリスト(BA)になる 必要があります。」と述べています。

現在、FSUのすべての従業員がプログラムに参加し、言語学習のためのトレーニング活動を開始しています。「13K5 JSEに続いて、FSOFTの各社員は少なくとも英語と日本語の2つの外国語を使うことになります」とFSOFTの会長は強調しています。

Related Articles

Mới nhất