24.8 C
New York
月曜日, 6月 24, 2024

Buy now

日本で新たな旅立ちをする若きSE

Nguyen Tien Duc (FHM GHS) は、Onsite行きたいと言う気持ちをコードに込めて、在日ベトナム大使館のニュースを受信するアプリケーションを作りました。しかし、待ち時間は長く、1年近く使用した後、彼は自分のアプリを「削除」しました。

日本での就労待機の通知を受けて以来、Đức氏が毎日、ニュースを「待つ」ために大使館のホームページの閲覧数が飛躍的に伸びました。彼は、ソーシャルメディアの他の楽しい活動に費やす時間よりも、大使館のウェブサイトをサーフィンしている時間の方が長いかもしれません。

それから、Đứcさんは、ウェブサイトからの通知を受け取るための携帯電話に直接通知が送信されるアプリケーションを書くことを思いつきました。

丸1年、期待に反して、日本政府からの開通日の情報は「音沙汰なし」のままでした。

2021年11月、日本政府は再開に向けた最初の動きを見せたが、わずか数週間後、コロナウイルス新種「オミクロン」への懸念から閉鎖された。Đứcはがっかりし、待っても無駄だと感じ、ツールを削除しました。

“この世では、化粧の恋人を待つことと、日本のビザを申請することの2つが、最も迷惑な待ちの感情だ “とĐứcさんは言いました。

チャンスは現れてまた消え、期待は裏切られた後、幸い、3月上旬に日本政府は、長期滞在者や商業・労働目的の短期滞在者(3カ月未満)の入国を解禁の許可を出しました。このニュースは「涼風」のように、彼に何とも言えない喜びをもたらしました。

この4月初め、Đứcは2年間の待ち時間を乗り越えて、いち早く6人のOnsiterの一人として来日します。彼はFPT沖縄(FORD)に就き、SEとして働きます。

“ついにこの日が来た “とDucは絶叫しました。

以前、DucはBrSEと短期間のOnsiteの仕事のために日本での勉強したことがあります。そのため、最初の戸惑いはもうないが、今回の帰日は、FJPやSSC HCMの同僚皆様から多くのサポートがありました。もちろん、FJPは、長期滞在のために来日した社員や親族がすぐに定住できるよう、特別な支援策を経ちました。そのおかげで、Đứcさんは自信を持って新生活を迎えることができます。

青年は、Onsiterが初めて日本に来られた時、日本の生活において必要なものを組み合わせたコンボパックを会社から支給してはどうかと提案しました。

次のステップへの準備として、Đứcは日本語を勉強するだけでなく、現地の文化や、娘の日本での児童留学の申請手続きなど、長期的な将来に備えています。安定した後、Đứcさんは奥さんとお子さんを迎えて再会を果たすことを目指しています。その前に、待ち時間を利用して、Đứcさんは仲間とのつながり、FORDで働くために必要な証明書であるPCSAを協会全体で勉強し、合格しました。

「日本は約束の地であるため、ここでの旅で、メジャーなお客さまと直接仕事をする機会がたくさんあり、会社に多くの利益をもたらすことを願うばかりです」と、若きSEは興奮気味で語りました。

Related Articles

Mới nhất