9.8 C
New York
木曜日, 4月 18, 2024

Buy now

FPTはベトナム首相と17の先端技術企業の重役との朝食会を設けました

今朝にファムミンチン首相とお話しした際に、日本の各企業はベトナムのデジタル化戦略についての質問を聞き、同時に両国のご協力をさらに深く進むような期待を現れました。

岸田首相の誘いにより11月の日本国に正式に訪問する旅に続き、今日の午前にファムミンチン首相は千代田区において日本の各企業代表とお会いし、発展デジタル化のご協力についてお話ししました。

  日本とベトナムの各企業の「架け橋」イベントは計画・投資省及びベトナム大使館がFPTおよびFPTジャパンと共同で主催されました。その場においてTop Fortune Global 20ランク会社はベトナム首相及び政府の関連各部省に両国のデジタル化の協力目標に関する質問や提案を提出しました。

会議の開始で首相は気候変動との闘いやグリーン開発などとともに、デジタル化が世界の発展方向であることを強調しました。ベトナムだけでも2025年まで全国的なデジタル化のプログラムがあります。その中、主にデジタル経済やデジタル社会やデジタル政府です。特に、デジタル経済はGDPの20%を占めることの目標を設定しました。

首相による、ベトナムは17自由貿易協定に署名した事によって、若い人口や情報技術や電気通信や非常に開放的な経済などのデジタル変革を加速する多くの利点があります。 首相は自力でデジタル化するそばに日本の応援やサポートする事も目標として目指しながら、発展の動機になる事を強調しました

また情報通信副大臣グエン・フイ・ズンにより、ベトナムは5つの分野に関心があり、両国の強い分野を開拓できるためのご協力を期待しています。それはデジタル化インフラ、IoTデバイス、AIなどのデジタルテクノロジープラットフォームの開発、ブロックチェーン、新テクノロジーの開発、デジタルスキルの人材育成です。

日立ホールディングスの代表は会社を支援するための政府の政策につていの問題を出しました。情報通信副大臣グエン・フイ・ズンにより、既にベトナム会社のデジタル化を支援するプログラムがあります。現在、10万会社は支援プログラムを既に受け取り、100会社は支援を受けたおかげでデジタル化することが成功しました。2025年までに100%のベトナム会社はこのプログラムに接近できる目標を設定しました。

「日本の高度な技術レベルの会社はデジタルプラットフォームを使用して、インプットの製品やサービスの供給をサポートすることに参加できます。 さらに、デジタル化、スキルの向上、バリューチェーンへの参加における支援するリソースでもあります」と大臣は述べています。

最後に、ファム・ミン・チン首相は支援事業がまず実践な状況に応じ、完璧な機関からもたらされなければならないことを強調しました。 2つ目は人材リソースです。デジタル化の重要性に対する人々の意識を高めることから始まり、プログラムは人間・会社を中心にすべきです。3つ目は財源は適切で効果的かつ科学的でなければなりません。 4つ目は管理への投資です。

特に、首相は国家資源が経済界を主導する共に発展するように活性化する役割が限られている場合、官民協力の重要性を強調した。

懇親会の後、ファム・ミン・チン首相は岸田首相、上院議長および日本衆議院議長と会談し、日本での投資促進会議に出席し、両国の各企業との協力文書の調印式に参加する予定です。

FPT代表はイベントコーディネーターとして、両国間のデジタル化の開発協力の目標における大きな前進であり、両国のデジタル経済やデジタル社会や将来のデジタル政府などのビジネスモデルを促進するための重要な活動を進むことと述べました。

Related Articles

Mới nhất