25.7 C
New York
火曜日, 6月 18, 2024

Buy now

【沖縄ニュース】:「沖縄では、自分のことをロビンソンみたいな存在と感じた」

毎朝、Nguyen Trung Lanh (FORD)さんが目を覚まし、運動着を着ます。会社の近くの美しい海岸に沿って走って数周泳いだら、またアパートに戻り、朝食を食べて出勤の準備をします。この数年、Lanhさんの一日はいつもこのような爽やかな朝で始まっています。

Lanhさんは2017年にFPT沖縄(FORD)に入社し、2018年からローコードプラットフォームに関する業務をしてきました。日本の最南端の諸島に住んで4年目になった彼は、自然に恵まれるこの美しい島での生活を自分なりに楽しんでいます。 沖縄での若い従業員の生活と仕事について、Lanhさんに共有していただきました。

①地方進出についてどう思いますか?

労働者として来日した人に対して、日本のどこで仕事をしても、故郷から遠く離れている事実は変わらないでしょう。どこへ行っても同じで、日本での新しいことが体験できます。

②東京を離れて地方へ転勤することに不安を感じる従業員が多くいます。あなた自身はどう思いますか?

かつて同僚からこのことについてとても良い呼び方を聞いたことがあります、それは地方進出が「コンフォートゾーンから抜け出すこと」と。成長させる機会、自分自身をより理解して、自信をつけさせて、人生をより有意義にする機会をもたらす有益な経験だと思います。

沖縄での最初の数日、どんな困難に直面しましたか?

最初、一番厄介なの問題は外で部屋を借りることでした。当時は保証人がいなかったため、なかなか借りることができなかったです。しかしその見返りに、そのつまずきを通して、より多くの経験と新しい友人を得ました。 約1年前から今まで、観光客向けのゲストハウスに住んでいます。そこで、新しい友達もできたし、地元の人々の生活についてもたくさん学べました。

沖縄では、自分がどのように成長し、どんなことを獲得できたと思いますか?

たくさん、数えきれないほどたくさんの経験ができました。まるで無人島のロビンソンのようです。クライアントと直接やり取りすることができるようになって, 専門外の知識も修得できました。

⑥地方に進出するのを躊躇う皆さんに対して、何か伝えたいことがありますか?

自分がまだ若くて、挑戦する力があると感じたら、コンフォートゾーンから抜け出してみたらどうでしょう?皆さんの人生をリフレッシュさせる良い決定になると思いますよ。

Related Articles

Mới nhất