8.2 C
New York
金曜日, 4月 19, 2024

Buy now

FPTジャパンは「FJPオリンピック2021」のフォーマットをFPTコーポレーションレベルであるiKhienコンテストに参加します。

コンテストは9月28日に開催される予定です。その前に「FJPオリンピック2021」のフォーマットはFsoftの評価ランドに合格しました。

8月15日、FJPの今年最大のスポーツイベントは開催から一か月で終了しました。 FJPオリンピック2021への参加者の数は400人で日本人が25名で11のチームが参加しました。

4つの競技はプッシューアップ、キックアップ、ランニング、Who knows Olympicsです。採点されない一つの競技はチェアリングです。

競技開催中651件の動画を収集しました。 アスリートの総歩数は54,442,308歩で約41,485kmです。ボールの キックアップの総数は116,628回です。プッシューアップの総数は66,162回です。 Who knows Olympicsのコンテストは12回で開催されライブは6回でした。

約300の質問と1,000回のインタラクションがありました。各通信 チャンネルで100件の記事が投稿されました。。 特に、FJPオリンピック2021はFPTISに広がり、 FISオリンピックは8月18日に正式に大会を開催しました。今回、東京オリンピック2020の開催をきっかけにして大会開催タイミングと合わせ FJPオリンピック2021のプログラムは初めてオンラインで開催されコロナ禍と距離をと合わずに成功に行われました。

通信方法としてはライブストリーム、ファストニュース、ゲームショーを活用しました。4つの競技内容は 健康だけでなく知識コンテストや情報伝達がありパフォーマンスもありました。

仕事以外従業員はこれらの競技へ参加でき出会いや交流チャンスにもなりました。

オンラインで開催したことは会社に対してかなり費用節約もできました。各競技のコンテンツは魅力であり新たなルールとチームの団結を見られました。LivestreamのテクニカルはFJPの従業員が得意になり多くのイベントをやってきたのでオンラインでやると担当者は一人でも担当してもらえます。

各地方への繋がりの目的もよくできました。コロナ禍で長い期間多くの制限があったけど同オリンピックの競技は精神の面に良いことを用いてました。“Make FJP strong again”という精神をよく伝わられました。

FJPオリンピックは毎年開催され、OBオリンピックに向けて会員企業に拡大する予定です。以前、2020年にFPTジャパンのイニシアチブ「戦時中の話」が最終銀賞を受賞しました。

Related Articles

Mới nhất