9.8 C
New York
木曜日, 4月 18, 2024

Buy now

FPTは血糖値持続測定を開発した

このプロジェクトはオフショア側のFHM.GHSチームと日本側のFJP.GHCチームにて開発されました。2020年4月に開始して、今年の9月に完了する予定です。FPTはお客様の医療設備を利用し、患者の治療データを収集するシステムを開発しています。

お客様は糖尿病のモニタリングと治療のためのDMSシステムを医療従事者と患者に提供しています。ただし、これらのDMSシステムは医療機関でローカルに、または患者のローカルPCでのみ使用できます。医師は来院時(1〜2ヶ月の頻度)にしか患者さんの状態を知ることはできませんが、患者さんの生活や食事の状態を定期的に監視してアドバイスや適切な治療をタイムリーに行うことはできません。治療中に生まれた医療データは非常に貴重ですが、収集する方法はありません。 したがって、お客様はこれらの制限に対処するために新しいシステムを構築する必要がありました。

2019年末に日本で開催されたITExpoで顧客との会った後、FPTとお客様は両側で会合と交換を行うプロセスを行いました。オフショアメンバーのFHM.GHCと顧客が直接参加して要件を実装してから約2か月後、プロジェクトは2020年4月に開発フェーズを開始しました。

このプロジェクトでは、FPTと顧客はクラウドサービスに基づく古いシステムと同様のDMSシステムを構築します。 ユーザーはインターネット接続を介して、Webまたはモバイルアプリケーションからシステムを使用します。医療データはお客様のクラウドに保存され、ユーザーはリアルタイムの情報を簡単に共有できます。 収集されたデータはAI研究の目的で使用されます(個人情報データを除く)。このシステムにはAndroidおよびiOSオペレーティングシステム用の4つのWebアプリ(医師、登録、承認、および患者)と1つのモバイルアプリ(患者)が含まれています。 したがって、病院での登録・キャンセル-認証-承認は登録アプリ、承認アプリ、医師アプリの3つのアプリを通じてお客様の管理者によって管理されます。

このシステムで使用されているお客様自身が製造する医療機器は血糖値、血圧、体温計、血中酸素濃度、インスリンです。これらのデバイスはNFCリーダーと組み合わせたComApp(FPTによって開発された)を介してWebアプリ(医師と患者)に接続され、ヘッドユニットと組み合わせたお客様の利用可能なライブラリを介してモバイルアプリ(患者)に接続されます。測定データはクラウドにプッシュされ、ユーザー向けのアプリの下に表示されるのはグラフ(列、線、点など)、データノートリストです。このプロジェクトの展開では、最初のフェーズで、FPTがフロントエンド部分の開発を引き受け、顧客がバックエンド部分を行います。 ただし、クライアント側が遅れたため、FPTの統合とフロントエンドのテストが困難でした。 そのため、FPTは積極的に問題を提起し、FPTにバックエンド部分を引き継ぐように顧客に提案しました。

また、実装中にCovidの流行は複雑であったため、プロジェクトチームは自宅で在宅勤務(WFH)を行う必要がありました。 2021年のUATの段階までに、流行はまだ予測できず、チームは2つに分割されました。1つはWFHチーム、もう1つはベトナムの厳格な社会的距離状況に適応するためにゲストの実際の機器に関連する作業を行う会社のキャンプチームです。

幸いなことに、プロセス全体を通じて、取締役会の注目のおかげで、プロジェクトチームは、重要な段階に参加している優れたSME(技術専門家)からのサポートを受けています。 同時に、このプロジェクトは、「戦闘」に参加するために短時間で兄弟を募集することにも高い優先順位が与えられています。

チームは責任感を持って、品質を最優先し、タイムリーに顧客をサポートし、来たる9月の稼働プロセスに備えました。

Related Articles

Mới nhất