19.3 C
New York
金曜日, 7月 19, 2024

Buy now

EBSチームはPush-up(腕立て伏せ)コンテンツをリードし続けて、2回目の勝利を収めています。

チーム間ですべての条件が同じである場合、忍耐力と勤勉さが勝利の2つの決定的な要因になります。EBSチームは両方の要素を利用し、FJPオリンピック2021のPush-up(腕立て伏せ)コンテンツに6917回数を収め、最高のパフォーマンスを発揮するチームになりました。

Kick-Upの後、EBSチームはPush-up(腕立て伏せ)の開催する初日に他のチームを「圧倒」し続けました。また、EBSのチームは多くの参加者でアドバンテージをもたらし続けました。開催する日から1週間で、EBSチームは6,917回数の腕立て伏せを行い、優勝しました。

次の2つの位置はそれぞれFCJチーム(2位)とGAMチーム(3位)に属し、2,689回数と1,546回数になります。FSGは最後の努力で、委員会から特別な賞を獲得できることを期待して、879回の腕立て伏せのビデオをリリースしました。ランキングに関しては、最後に結果を合計すると、FSGチームはVNチームに続いて917回数で4位にすぎませんでした。

Push-Up(腕立て伏せ)コンテンツの個人賞と副賞では、最高のパフォーマンスを発揮したNguyen Huu Thang(BA-通常の腕立て伏せ-85回数)と Vo To Quyen(BA-壁腕立て伏せ-200回数)を記録しました。
2位はNguyen Thanh Phong(EBS-普通の腕立て伏せ-84回数)とPham Thanh Dat(FCJ-壁腕立て伏せ-110)です。
3位はDuy(EBS -腕立て伏せ-80回数)、Le Nguyen Thanh Chi(FCJ – 壁立て伏せ-100回数です。副賞には次のものが含まれます。BAチームは「クリエイティブ」な腕立て伏せの賞を獲得しました。FCJチームは6人でTeamsに腕立て伏せを行い、団結の 腕立て伏せの賞を獲得しました。 最腕立て伏せビデオで最も多くのメンバーの賞は、10人でFORDチームに属しています。

Related Articles

Mới nhất