20.3 C
New York
月曜日, 4月 15, 2024

Buy now

FPTジャパンは組織調整で再び成長を目指す

近年の成長率は期待に応えておらず、FPTジャパンの取締役会にとって課題となっている。今回の組織構造の再調整は、会社を成長が最も速い時期に戻すための大幅な変更の1つとなる。

6/25の午後、FPTジャパン Tran Dang Hoa代表取締役会長は各部門の組織構造の変更を発表した。7/1から、FPTジャパンの営業部門がVIから分離し、Hoa会長の直接担当の下でFPTジャパンホールディングスに入り、DLGJのNguyen Hoang Linh副社長は営業部門のCRO(​Chief Revenue Officer)に任命する。営業部門は13チームに分かれて、VI、HI、OPLのすべてを支援することができる。同時に、FPTジャパンも営業担当者の能力を強化し、SI、VI、キープログラムに力を入れ続けることとする。

FPTジャパンのこの組織調整は、同社が日本での新型コロナウイルス感染拡大によって大きな影響を受けた背景で行われる。FPTジャパンの機会のほとんどはオンライン会議で顧客との対面営業ができなくなること、ベトナムへの訪問やFPT Truong Gia Binh会長の日本の訪問が中止となること、そして顧客の予算凍結など様々な理由で制限されている。

「我々は、突破を期待しているが、実際の成長率は期待を満たしていない。10年前の歴史は繰り返され、FCJへの投資、営業力の強化、機会を最大限に押し上げるため「機会」と「危険」を直面、キーアカウントの見直し、営業担当が「ニューノーマルなライフスタイル」に慣れるためウェブミナー開催、顧客とのゴルフやギフト贈りの活動を開始するなど、多くの行動を取ってきたが、まだまだ十分ではない」と、FPTジャパン会長が反省した。

また、営業担当は「ニューノーマルなライフスタイル」の現況に適応する多くのスキルを持っていないなど、数多くの問題も識別された。プロジェクトと顧客を「失う」だけでなく、自分自身に対する信頼を完全に失うのは最も深刻な課題となる。

Hoa会長は、FPTジャパンが持続可能な発展を実現するためには、直ちに変更を加えなければならないと述べた。今回の組織構造の変更は、OBの開発戦略における2つの重要な力である営業部門と営業担当者に焦点を当てている。

「FPTジャパンの成長率を取り戻す計画を立たなければならない。営業担当者ごとに1対1の会話をとって皆さんが抱えている課題をすべて洗い出し、営業リーダーと共に第2四半期の収益を再評価して販売計画やAMファースト・トラックを実施し、FCJ、BCO、JBCCを効率的に活用するなど。。。これこそ私たちが変化し、最速で成長できる機会である」と、Hoa会長が述べた。

Related Articles

Mới nhất