14.8 C
New York
水曜日, 4月 17, 2024

Buy now

FPTジャパン 地方進出の時がきた

日本企業が東京や大阪から離れた場所に工場を設置する傾向にあるのを見ると、地方には大きな可能性だけでなく、FPTジャパンの若いオンサイターたちにも自分を主張するチャンスもあるのだと考えられます。

FPTソフトウェア会長チュー・ティ・タイン・ハー(Chu Thị Thanh Hà)は、この半年間の日本出張で、日本の多くの地域を訪れる機会を得ました。16年の発展を経て、FPTジャパンは東京や大阪などの大きな都市だけでなく、「大きな戦い」を目指して他の地方にも進出する必要があると実感しました。

ハー会長によると、「日本に来るオンサイターの多くは、ベトナム人のコミュニティが存在する大都市を好む傾向があります。他の地域に行くのを怖がっているのです。しかし、地方にも足を伸ばさなければ、オンシターは更に自分を成長させる機会を失うことにもなります。」

「私が福岡に来たとき、ゴー・トゥー・フエンさんからこの話をしてくれました。約3年前、フエンさんが福岡にFPTジャパンの支店を作るために来たとき、仕事を紹介してくれたお客様は8人だったそうです。しかし、その職場は福岡からそれほど離れていないにもかかわらず、行きたいオンサイターを集めるのは非常に困難でした。」

ハー会長によると、FPTは地方や遠隔地への発展に力を入れる必要があるという。そして、日出ずる国で20年近く開発を続けてきた結果、これは必然的な傾向となりました。

現在、日本の大企業も都心から離れた場所に工場を構えている実態から見ると、プロジェクトの規模を地方にまで拡大することで、FPTジャパンの実力をアピールし、新たなビジネスチャンスを生み出すことが期待できます。だからこそ、ハー会長は、今こそ、新たなチャンスを掴む時であり、地方での発展スピードが強ければ、多くの小さな地域が積み重なってきっと飛躍的な成長を遂げることができます」と断言しました。

「私が長崎に来たとき、地元の代表者はFPTジャパンをとても歓迎していただきました。もしここにオフィスを開設するなら、オフィスのレンタルサポートや税金の控除など、多くのオープンな政策を用意してくれると貴重なお言葉をいただきました」とハー会長は地方の利点を語っていただきました。

そのため、近い将来、FPTジャパンは異動プログラムに関するポリシーを発表する予定です。これまでFPTジャパンでは、各部門や管理者などを集めて、各ステークホルダーの権利や役割を明確にしたポリシーの枠組みを作ってきました。

「5~7年前、FPTソフトウェアがホアラックに開発拠点を建設したときのことを今でも覚えています。従業員がホアラックに来て仕事をすることを奨励するための方針も出されていました。また、10年前のFTELでは、優秀なリーダーたちを地方に派遣する際にも適切な政策が必要でした。時間が経てば、皆が自立し、地方の拠点が成長すれば、この政策は必要なくなるかもしれません」とFPTソフトウェア会長は述べました。

現在、地方進出政策の枠組みは、FPTジャパンの人事部門によって詳細に決められており、FPTソフトウェアのすべての役員が支持し、承認しています。

Related Articles

Mới nhất