4月 12, 2021

FPTジャパンの3名はDLGの2021年第1四半期の「優秀なオンサイトリーダー」を受賞

先日、DLGは2021年の第1四半期に優れた業績を達成した個人を発表しました。その中には、ホアン・スアン・クアン(Hoang Xuan Quang)(DLGJ.DEL)、グエン・ゴック・ホアイ・フォン(Nguyen Ngoc Hoai Phong)(DLGJ.DEL)、及びリュウ・タイン・ダット(Luu Thanh Dat)(DLGJ.DEL)が含まれています。

クアン氏は、主要顧客であるコカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社のHHTとモバイルに関連するプロジェクトを担当するメンバーです。クアン氏はWOWのPoCの2件も作成しました。優れた技術能力と幅広い専門知識により、クアン氏は顧客からの信頼を築き、日本の大手ベンダーのアクセンチュア株式会社に取って代わり、Iphoneの移植HTT事業を開始し、コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社との最初の大型契約を取得しました。

さらに、クアン氏は「Noshore」(DMとオフショア側のみいる)という非常に特別なプロジェクトモデルで、3つの契約を成功に展開することができました。「Noshore」とは、プロジェクトチームがどこにいるかに関わらず、顧客と直接接触する機会がないため、チームメンバーに優れた対話スキルが必要な新しいモデルです。その同時に、SEは、コストを節約し、構造の複雑さを軽減し、生産性を向上させるために、ロケーションの利点ではなく、明確な価値を証明する必要があります。

現在、オンサイト担当者6名、オフショア担当者50人が参加している大型プロジェクトのフェーズ1が開始しており、3か月で80万ドルももたらしました。フェーズ2では、さらに70万ドルがもたらされると予想されます。また、現在、お客様と相談している段階ですが、機能設計の保守、将来の詳細設計の作成などの追加の仕事を必要とすることもが予想されるため、FPTソフトウェアのベンダーとしての地位が高められます。

2021年の第1四半期に、フォン氏(DLGJ.DEL)は、オンサイトおよびオフショアのチームメンバー全員を導き、YSDのお客様の3件の主要プロジェクトに成功し、非常に高いCSS点数(それぞれ97.8、98.18、100)も獲得した上で、約70万ドルももたらしました。

また、優れた技術能力、専門知識、及び効果的な管理により、上記の3つのプロジェクトとともに、フォン氏は、総額が約70万ドルもある他のプロジェクトのチームメンバーを率いています。

フォン氏が参加したすべてのプロジェクトは称賛され、お客様と深い関係と信頼を築きました。フォン氏の成功はそこで止まりませんでした。第1四半期が終わる前に、お客様は合計50万ドルの追加の大型プロジェクトと、10万ドルのプロジェクトを注文して、幸運な第2四半期に開きました。

R をお客様とするプロジェクトのOLであるダット氏は、2021年の第1四半期に、「2021年に巨大な利益を達成しよう」をスローガンとして、昨年の同時期と比較して成長指数が200%増加し、設定した目標をを達成しただけでなく、上回りました。その中で、オンサイト側の成長指数は150%増加し、オフショア側は500%の成長で前例のないピークに達しました。ダット氏とチームメンバーはメインベンダーからコアシステムを入手し、2022年までにすべてのRシステムを手に入れることを目指しています。第1四半期に達成されたことにより、ダット氏とチームメンバーは、300%の成長を目標として、第2四半期にさらに高い目標を設定し、2021年にRをDLGのメガアカウントに変えるのに、自信を持っています。

さらに、ダット氏はBNCのメンバーでもあり、自己啓発の目標を積極的に構築するだけでなく、DLGのメンバーの精神生活を楽しませることも支援しています。例として述べられるのは、ダット氏によって開催された6回のカフェトークにDLGメンバーが約100人参加しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です