4月 12, 2021

FJPワークフォースチームの第1四半期のまとめ

4月9日の朝、FJPのリソースグループは2021年第1四半期のまとめを行いました。 第1四半期には、人事、RA、LDIの各部門が会社に同行し、実用的でタイムリーなソリューションでCovidの影響を克服しました。

2021年の第1四半期にRAはリソースの募集を促進するためのいくつかのプログラムを持っています。 Covidのためにリソースの動員は多くの困難に直面しています。 FSOFTベトナムからの英語力のあるリソースの採用を含みます。 第2四半期に「日本とベトナムでの採用におけるブランディング」をするためRAは追加の活動を展開します。

LDIはアップストリーム・コミュニケーションに焦点を当てたトレーニングプログラムを実施しました…第1四半期には多くの人々が488人をトレーニングしました。 したがって、平均して一人当たり24.5時間のトレーニングに達します。 資格の数は145です。Workplaceでこの数についてFJPのTran Dang Hoa会長はLDIはトレーニング時間数を100時間/人/年に増やす必要があると述べました。

LDIの代表者はまた第2四半期に各従業員のトレーニング情報を管理するため「従業員ポータルシステムのユニット」のインフラストラクチャをリリースする準備をしていると述べました。

FSOFT会長の3つのコンテンツ「ハートシェア」「マインドシェア」「ビジネスシェア」のシェアを参考にFJP CPOのチン ヴァン タオは「ハートシェア」のリソースブロックを望んでいます。「有利な状況であろうと困難な状況であろうと一つの心で団結しすべての困難を克服する。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です